FATECの仕事

情報システム部

SUBARU航空宇宙カンパニーの全システムを担当
あらゆる規模のあらゆる業務に精通できる環境です

FATEC情報システム部は、株式会社SUBARU航空宇宙カンパニー全体の
業務システムの整備・運用を担っています。

航空機の開発・製造に関わるシステムの整備計画や、ハードウェアやソフトウェアの導入・保守といったものから、人事管理システム、原価管理システム、イントラネットなどの整備・運用も守備範囲となります。さまざまな分野、さまざまな規模の、広範囲にわたる業務に携わることができます。

システムの概要

情報システム部の業務は、「技術系」「製造系」「事務系」「ネットワーク管理」の4種類に大別されます。
「技術系」に分類されるのはCADを含む技術情報システムなどの整備・運用、「製造系」は製造計画や生産管理システムの整備・運用、「事務系」は人事や原価管理から一般業務に必要なシステム整備・運用、「ネットワーク管理」にはセキュリティ対応、サーバー機器などの管理やネットワーク障害対応も含まれます。
要件に応じて、既存のハードウェアやソフトウェアの導入およびカスタマイズを検討したり、内製で1からシステム開発を行うなどを情報システム部で行います。技術力はもちろんのこと、顧客のニーズを正確にくみ取って落としどころを見極めるコミュニケーション能力や知識も問われる部署です。

業務内容

航空機の開発・製造にかかわる情報システム

航空機の開発・製造にかかわる情報システム

・システムの整備計画
・ハードウェア導入・保守
・各種ソフトウェア整備
・コンピュータ支援設計(CAD:computer aided design)等の技術情報システムの整備・維持

SUBARU航空宇宙カンパニーを支える情報システム

SUBARU航空宇宙カンパニーを支える情報システム

・人事管理・経理等のシステム、ファイルサーバシステム、電子申請システムなどの整備・維持
・航空ネットワーク監視システム、無線LAN管理システム、Firewall・イントラネットの整備・運用

FATEC情報システム部の強み

細部から全体まで、あらゆるシステムを掌握

細部から全体まで、あらゆるシステムを掌握

前述の通り、FATEC情報システム部はSUBARU航空宇宙カンパニー全体の業務システムを一手に引き受けています。請け負う業務は多岐にわたり、多種多様なシステムの知識と経験を得ることができます。
現代の航空機開発は、設計・手配・製造・日程など、さまざまな種類の情報が複雑に絡み合いながら進められます。それらが有機的に影響し合って巨大な1つの流れを作り出しているため、あらゆる場面において破綻することなく、一貫性を持って効率的に機能しなければなりません。その意味でも、全体のシステムをワンストップで管理できる体制は有意義です。

実力さえあれば若手でも活躍できる土壌

実力さえあれば若手でも活躍できる土壌

FATEC情報システム部では、実力のある若手社員が早くから活躍した実績があります。2017年には、入社2年目の若手社員が「スキルマップの電子化システム」を1人で開発し、実際に運用されています。能力さえあれば、きちんと仕事を任せてもらえる土壌があるのです。
「スキルマップの電子化システム」は、従業員のスキル(扱える言語や取得している資格など)を電子的に登録・管理・閲覧できるシステム。詳しくはインタビュー記事をご覧ください。

この部門の社員インタビュー

その他の部門


技術部


生産技術部