採用情報

社員インタビュー

  • 情報システム部
  • 2016年入社 [工学部卒]
  • ゆとりを持って働ける会社です

2年目からシステム導入に従事

──どのような仕事をされているのでしょうか。
アプリケーションの開発・運用です。私のグループが扱っているものは古いシステムが多いので、それを置き換えるために現行仕様を調べたりする作業も多いです。

──入社されてすぐ開発に参加されたんでしょうか。
1年目は、COBOLなどを先輩に教えてもらいながらC#で簡単なバッチファイルを作ったりしていました。2年目には──航空機って細かく号機ごとに設計が変わっていくんですが──どの号機にどの図面を適用するのかを管理するシステムを担当しました。同時に勤怠システムのリプレースもあったので、情報を調べたりもしており、忙しい日々でした。

──学生時代の経験は今の仕事に生きていますか。
社内システムはWindows向けメインなので、大学の研究室でC#を利用していたのが役に立っています。

地元で安定しており、働きやすい

──就職活動はどのように行いましたか。
栃木出身で、地元での就職を希望していました。情報系に絞って就職活動をしていました。

──FATECのことはどうやって知ったのでしょうか。
大学からの紹介です。

──FATECに入社を決めた理由は。
やはり地元というのが大きいです。また、SUBARUのグループ企業で安定しており、福利厚生や労働環境がしっかりしているところに魅力を感じました。

──実際に働いてみて、いかがですか。
先輩たちの協力もあるので、スケジュール的に余裕のない作業を詰め込まれることは、少なくとも私のところではありません。残業も少ないので、一般的なシステム系の会社よりもゆとりを持って働けるのではと思います。

──渡邊さんは寮にお住まいだそうですが、寮のほうはいかがでしょう。
家賃も安いですし、職場も近いので住みやすいです。自転車なら通勤に10分もかかりません。

──FATECへの入社を検討している学生の皆さんにメッセージをお願いします。
航空機開発を間近で感じられる会社です。興味がある方はぜひ。

一日のスケジュール

私のターニングポイント

2017年

入社2年目から、複数のメンバーの取りまとめ担当に
SUBARUのシステム開発のFATEC側の取りまとめ窓口を担当しました。
1年目は指示を受けて一人でやれる範囲の作業を行うことが多かったのですが、この時は、FATECの複数のメンバーの取りまとめを行いながら、SUBARUとの調整も行ました。慣れないことばかりで大変でしたが、無事開発を終えることができました。

その他の社員インタビュー

関連コンテンツ